SEC、また物議を醸す動きを起こす:仮想通貨マイニング機器が監視下に

近年、証券取引委員会 (SEC) はデジタル資産の分野でその権限をますます主張するようになりました。しかし、SEC による体系的なプロセスや明確なルール策定の欠如により、規制の不確実性が生じ、デジタル資産の規制環境に不安定性が生じています。

SEC の仮想通貨マイニング装置の対象へ

暗号通貨業界は、SECが起こした衝撃的な新たな訴訟に魅了されている。SEC は、この特定のケースに見られるように、仮想通貨マイニング機器の販売とホスティング サービスの提供をHowey Testに基づく「投資契約」の範囲内に分類することを目指しています。

SECの主張を詳しく見る

弁護士であり暗号通貨愛好家である MetaLawMan は、最近のツイートを通じて SEC の驚くべき事件に注目を集めました。SECの主張によれば、仮想通貨マイニング機器の販売やそのような機器のホスティングサービスの提供は、ハウイーテストで定義される「投資契約」の定義に該当する可能性があるという。注目すべきことに、SEC は、鉱山機械の販売が未登録有価証券の募集とみなされる可能性があることを示す公式または非公式のガイダンスを提供していません。

こちらもお読みください: IOSCO、世界の規制当局に仮想通貨市場の監視の加速と強化を要請

SEC の管轄範囲の拡大

SECが採掘機器の販売まで管轄範囲を拡大しようとする最近の試みは、SECが法定権限の限界を押し広げていると思われる一連の事件をさらに増大させている。

SECの懸念に対し、あるツイッターユーザーは、核心的な問題はマイニング機器そのものの販売ではなく、将来の利益を約束するトークンの販売にあると強調することで、この問題に光を当てようとした。しかし、リップル社の CTO であるDavid Schwartz 氏がこの問題を明確にするために介入しました。

シュワルツ氏は、この事件に関与した会社はトークンを販売していないと明言し、むしろSECの法理論は仮想通貨マイニング機器の有価証券としての販売を中心に展開していると主張した。同氏は、ハウイーによるオレンジ畑の有価証券としての販売との類似点を示し、この状況はハウイー・テストで概説された原則と密接に一致していると述べた。

これは完全に正しくありません。彼らはトークンを販売していませんでした。実際、このトークンは、Howey がオレンジ畑を有価証券として販売したのと同じように、暗号通貨マイニング装置を有価証券として販売したという SEC の法理論とは無関係です。

— David “JoelKatz” Schwartz (@JoelKatz) 2023 年 5 月 23 日オレンジ グローブと仮想通貨マイナー

シュワルツ氏によると、販売されている仮想通貨マイナーはオレンジ畑に例えられ、ホスティング契約はサービス契約の役割を果たします。この文脈では、トークン自体は無関係になります。SECの主張は、オレンジ畑の販売に適用したのと同じハウイーの要素を仮想通貨マイナーの販売にも適用することを中心にしている。

Source: https://coinpedia.org/news/sec-makes-another-controversial-move-crypto-mining-equipment-under-scrutiny/

Rating: 0
xc false
Slider: 0

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *