倒産したボイジャーの資産を仮想通貨取引所FTXが買収 – ET BFSI

仮想通貨の貸し手であるボイジャー デジタルは月曜日、仮想通貨取引所FTXが約 14 億 2000 万ドル相当の入札で、その資産のオークションに勝ったと発表しました。

FTX の入札は、現在の市場価格で 13 億 1000 万ドルと見積もられる未定の日付でのすべてのボイジャー暗号通貨の公正市場価値と、約 1 億 1100 万ドルの増分価値を提供すると見積もられる追加の対価で構成されている、とボイジャーは述べた声明。

同社は、ヘッジファンドのスリー・アローズ・キャピタルに対する債権は破産遺産に残り、遺産の債権者にそのような債権で利用可能な回収を分配すると付け加えた。

ボイジャーは、15,250ビットコインのローンで必要な支払いを怠ったため、6月にシンガポールに本拠を置くヘッジファンドに債務不履行の通知を発行しました.

今年初め、ボイジャーは、億万長者のサム・バンクマン=フリード氏が設立したFTXからの救済提案を「白騎士の救出を装った低額の入札」として却下し、その計画は破産プロセスを混乱させると主張した.

COVID-19 パンデミックの最中、Voyager を含む仮想通貨の貸し手は活況を呈し、従来の銀行ではめったに提供されなかった高金利と簡単なローンへのアクセスで預金者を引き付けました。しかし、仮想通貨市場の低迷は、仮想通貨企業と投資家に打撃を与えました。

ボイジャーは 7 月に破産申請を行った 11 章で、10 万人以上の債権者と 10 億ドルから 100 億ドルの資産、および同額の負債を抱えていると見積もっています。

先週、Voyager は、最高財務責任者の Ashwin Prithipaul が、仮想通貨貸し手での任命から数か月以内に辞任する準備をしていると述べました。

TwitterFacebookLinkedinYoutubeでフォローしてつながりましょう

今年初め、ボイジャーは、億万長者のサム・バンクマン=フリード氏が設立したFTXからの救済提案を「白騎士の救出を装った低額の入札」として却下し、その計画は破産プロセスを混乱させると主張した.

Source: https://bfsi.economictimes.indiatimes.com/news/fintech/crypto-exchange-ftx-to-acquire-bankrupt-voyagers-assets/94483618

Rating: 0
xc false
Slider: 0

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *